よくわからない煮込まれたモノ

えーの日常

何かわからないのに、夕食に出すんか〜いって感じですよね。
抵抗を感じた方がいらっしゃいましたら、申しわけございません…。
というのも、なかなかたっぷりとした量があったんですよ。(そういう問題じゃない)
夫と、牛肉…じゃがいも…トマト…玉ねぎ…にんじん…にんにく…しょうが…マッシュルーム…エノキ?と煮崩れた中に具材の気配を感じながら食べました。おそらく、トマト煮込みのような、ハヤシライスのようなものをイメージして適当につくったのだと思われます。(メモによるとセロリと椎茸も入っているらしい。何でもかんでも入れたい気分だったのだろう…)作り置きで楽しちゃうぜうひょ〜と思って、何だかよくわからないものを食べることにしたのに、「これがもし、とんでもなくどうしようもないものだったらどうしよう」と不安になって副菜をいつもより余計に用意しだして、本末転倒な感じの食卓でした。

ガラスの耐熱容器は、におい移りや色移りせず、ちょっとした副菜をそのままテーブルに出せちゃう。最高で大好き…!

ポリプロピレンのタッパーも軽くて重宝。
今は蓋が白いもので統一していますが、こういった…可愛いタッパーが欲しくなる時があります。

野田琺瑯も大好き。

無印良品のタッパーも使いやすくて大好き。
タッパーとか、お弁当箱とか…箱ものをみるとわくわくする私です。
折り紙で折る箱とか…クッキーの箱とか…。これって何なのだろうか。

良いタッパーがありましたら、教えていただけると嬉しいです( ◜ᴗ◝)




ブログ・ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです!


コメント