お義母さんと膵がん 8

お義母さんと膵がん

コロナでずっと会えていない状態のまま入院し、久しぶりに顔を見ることができた…!
看護師さんのお心遣いが、本当にありがたかったです。
入院した日は、「夕食は重湯とコンソメスープだった…」とがっかりしていたおかあさん。この日の昼食から普通食になり「完食したー」と嬉しそうでした。帰り道「思っていたより元気そうだったね…!」と夫と胸をなでおろしました。とはいえ、遠目から見ても黄疸(血液中のビリルビン濃度が増加することで、皮膚や目の色が黄色味おびる状態)の症状が出ているのがわかり、くるしい気持ちになりました。
そして次の来院時「思ったより元気そう」と安堵した我々の気持ちは、木っ端微塵覆に砕け散ります。




……… ブログランキング参加中 ………
いつもクリックありがとうございます(◜௰◝) 嬉しいです!


コメント