お義母さんと膵がん 70

お義母さんと膵がん

斎場は、コロナ渦ということもあり【入れる人数は25名まで】ということだった。夫は、おかあさんの友人・知人への連絡に奔走していた。「コロナ渦だし、家族のみで行う方が良いのでは」とも考えたけど、おかあさんの生き方・交友関係を思うと、希望してくださる方には来ていただくことにしよう、ということになった。

食事の席は設けず本当に短時間、最後のお別れの場という感じだった。みなさんが口々に「ショックだったけど、お別れを言えて、心が少し落ち着いた」といった旨のことをおっしゃるので、儀式って侮れないものなのだ…と感じた。

地域に根ざして生きたおかあさん。
近くに住むご友人や、保育士仲間のおかげで、ぽー(夫)を育てることができたし、仕事を続けられた、とよく話してくれた。

おとうさんは自由なひとで、夫が小学校に上がると、仕事場で寝泊りして時々ふらりと帰ってくる感じだったらしい。(おかあさんと夫は、おとうさんのことをとても好きだし、色々な家族の形があるのだと思う)




……… ブログランキング参加中 ………
いつもクリックありがとうございます(◜௰◝) 嬉しいです!


コメント