お義母さんと膵がん 52

お義母さんと膵がん

夫の気持ちを想像したら、くるしい。
だけど、どんな言葉をかけたらいいのか、どんな言葉をかけても夫のくるしさは薄まらない気がする。

そんな時は、もう手を握るしかない。(安易)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近、本の整理をしていたら結婚が決まった時に友達がくれた詩集をみつけ、な…なにこれ、とても素敵なことがかいてあるじゃないか…と、しみじみ、かわいたこころに沁み込んできた。

貰った時も、同じこと思ったんだった。(忘れている…)
同時に、結婚したばかりの頃の感覚がぶわっと蘇ってきて「初心、大切…!」と思いを新たにした。




……… ブログランキング参加中 ………
いつもクリックありがとうございます(◜௰◝) 嬉しいです!


コメント