お義母さんと膵がん 50

お義母さんと膵がん

先生の判断では、抗がん剤(ジェムザール単剤)の効き目が得られていない状態ということだった。様子をみながら、飲み薬のTS-1に移行することになった。

おかあさんは、飲み薬が苦手なため、飲み薬が増えることに難色を示していた。

【おかあさんが飲み薬を嫌いな理由】
① これまで病気とは無縁だったから、薬を飲むことに慣れていない。
② 薬には必ず副作用がある。自然治癒できるならその方が望ましい。
③ 喉に異物が通る感じに抵抗がある。

むかし、私が皮膚科で処方された薬やビタミン剤、サプリなんかを飲んでいるのをみて、大層驚いていた。

「えーさん、どこか悪いの?なんでそんなに色々飲んでるのっ!?」

私は、辛い時にはガンガン薬を飲むのが自分の中で当たり前だったから、おかあさんが人生を薬なしで生きてきたということに衝撃を受けた。

確かに副作用や、体の自然なバランスを損ねてしまう面もあるよなあ…と考えさせられた。前よりも、この薬が自分にもたらすメリットとデメリット、それぞれどのくらいだろうか…と考えるようになった。

とはいえ今も辛い時は薬を飲むし、なにごとも柔軟にほどほど、バランスが大切とも思う。

抗がん剤については、この時の文章にもかいたように、TS-1の威力が、ジェムザールより控えめな印象を持っていたので、どうなっちゃうんだろう…と不安になった。↓




……… ブログランキング参加中 ………
いつもクリックありがとうございます(◜௰◝) 嬉しいです!


コメント