お義母さんと膵がん 46

お義母さんと膵がん

夫にこれを見せたら、「カレーは、母ちゃんに指示をもらいながら作ったから、さくっと作れるわけじゃないよ、一苦労だね料理ってほんと…」と言っていた。

このまま、レパートリーが増えて、料理が楽しくなって、しめしめ…。
とほくそえんでいたけど、おかあさんが亡くなり夫が台所へ立つことはなくなった。

「やっぱり、火事場のクソ力っていうかさ…。君がつくってくれるって思うと料理へのエネルギーは消滅してしまう。」

わからないでもないけどさ…。がっくり。

とはいえ、ふだん料理をしたこのとない夫が一時期であれ一生懸命つくってくれた。なにより、おかあさんが本当に嬉しそうだった。




……… ブログランキング参加中 ………
いつもクリックありがとうございます(◜௰◝) 嬉しいです!


コメント