お義母さんと膵がん 41

お義母さんと膵がん

おかあさんは「人生で一番、蕎麦にハマった。無性に甘くて美味しく感じるのよー」と言っていた。美味しく感じる日は、たくさん食べても胸がつかえる感じがしないそうだ。(栄養をとらなきゃ、と無理してたくさん食べた日は、胸がつかえる感じがするそうだ)

美味しい、と思えるものがあることはとても有り難い。
新蕎麦は、父と母が送ってくれたものだった。

母にお礼も兼ねて電話すると、とても喜んでいた。
ひとしきり、たわいもない蕎麦の話で盛り上がったあと、母が言った。
「あのね、えー。お父さんさ、最近具合悪いんだよ…。」

胸がざわざわして、嫌な感覚がした。




……… ブログランキング参加中 ………
いつもクリックありがとうございます(◜௰◝) 嬉しいです!


コメント