お義母さんと膵がん 18

お義母さんと膵がん

一緒に暮らすとしたら、どうなるだろう?
夫は、仕事へ行く or 在宅勤務。
私が、おかあさんのサポートや、食事・洗濯・掃除…諸々を担うことになるだろう。正直言って不安だった。

不平不満をため込み「いつまでこの生活が続くのだろう」そんな思考回路になってしまうことだけは避けたい。
「この生活のおわり」が意味するのは「おかあさんが奇跡的に良くなる」または「おかあさんがこの家にいられない状態になる」
前者になってほしいけど、現実は後者である可能性が高いだろう。
一緒に暮らすなら「この生活がなるべく長く続くといい」そんな風に考えられるほうがいい。
そのためには、共同生活が円滑にまわる構造が必要だ。
それぞれの、できること・できないことは何か?
他に助けを求められる人や仕組みはあるか?

おかあさんの辛さを思う一方で、通院治療をしながら、なるべく質の良い暮らしを保つためには、考えなくてはいけないことが山積みだった。




……… ブログランキング参加中 ………
いつもクリックありがとうございます(◜௰◝) 嬉しいです!


コメント