老猫の死 ⑦

猫は体調が良くない時、外敵に襲われる危険のない静かな場所を探し、じっと回復を待つ…と言われていますよね。死際に姿を消すと言われているのは、ひっそりそのまま息絶えることがあるため、とも。

ミミがカーテンの中へ中へ、部屋の隅へ隅へと体を押し込んでいく姿をみながら、身体が辛いから身を潜めたいのだろうか、と苦しい気持ちに。

ごはんを全く口にしなくなったミミに、シリンジでペースト状にしたものを注入する、いわゆる「強制給餌」を試みます。

この「強制給餌」は、一時的に食事をサポートすることで回復する見込みがある場合は有効だけど、そうでない場合はくるしい思いをさせてしまうだけなのでは、と思い躊躇していました。

しかし、日に日に弱っていくミミを見て、様子をみながら試してみることにします。つらそうだったらすぐに中止すれば大丈夫、この時はそう考えていました。




……… ブログランキング参加中 ………
いつもクリックありがとうございます(◜௰◝) 嬉しいです!


コメント