ネット婚活をはじめたR先輩の話㉔【39歳・男性】

R先輩の婚活話

こんにちは、えーです。

メールでサクッとF子さんにフラれたR先輩。
いやらしい目つきで、舐め回す様に見ていたが伝わったのだ。自業自得だ。

ははん、いい気味…

そう、ほくそ笑んでいた私だったが…。

ぐうううー…。

え、ちょっと泣いちゃってるじゃん…。R先輩がこんなに露骨に悲しむ姿、あまり見たことがない。めちゃくちゃ落胆している横顔を見ていたら、気の毒になってきた。

私:R先輩…。F子さんは、たまたまご縁がなかっただけだよ。まだE子さんとG子さんがいるじゃない。希望があるよ。

R先輩:F…

私:F子さんに、魅力を感じていたんだよね。可哀想に…。

R先輩:Fカップ〜…。

やっぱり、いい気味だ

夫:R先輩、E子さん、ほらE子さんとはどんな感じなんですか。まだ聞いてなかった!

夫…。ナイスパスだ。R先輩の意識をFカップ…じゃないF子さんから逸らそうと問いかける。

あっ、E子さん?!

おいおい、
F子さんへの未練はどうした

まあ、表情が戻って何より。しかしR先輩、いい顔するなあ…。E子さんにかなり好印象を持っているようだ。

R先輩:E子さんはな、一見ツーンとして見えるっていうか、やっぱり美容部員だからかメイクもピシッとして凛とした印象でさ。お澄まししてるように見るんだがな、ちょっとヌケてて愛らしいんだわ。

私:へえ。いいじゃん、いいじゃん。

R先輩:吉田羊をな、平凡なお姉さんにした感じだ。

それ褒めてなくない?

R先輩:バカ、お前ら。吉田羊だぞ。平凡になっても超綺麗だわ。

知るか…。

夫:E子さんとは何回位会ってるんですか。

R先輩:2回だな。

私:また会うの。

R先輩:おお、E子さんが見たい展示があるとかでな。一緒に美術館へ行く予定だ。

夫:いいじゃないですか!

私:良い感じなんだね。2回目は会った時はさ、どうだったの。

R先輩:う〜ん、和やかに、楽しく食事できたな。E子さん、その日はちょっと深い色の口紅をしててさ。トレンディな感じ?秋っぽくて、綺麗だったんだわ…。

私:リップの色に気がつくなんて…。R先輩、粋だね。トレンディって表現は超絶イモくさいけど…。

R先輩:おう♪でな、一見クールビューティーっていうか、とっつきにくそうに見えるけど、E子さんスゲーよく笑って素敵なんだわ。

私:いいじゃん、いいじゃん。

R先輩:おう♪ 笑うとこう、目が細ーくなってさ…。それがまた可愛いくてさ。で、この間は前歯に口紅がつく位笑ってくれて…。

歯紅の情報とか、要らないから

R先輩:俺、それを見たらキュンとしちゃって…。婚活を始めてから、あんなにときめきを感じた瞬間はないって位…。

ときめきポイントが独特

R先輩:そのカフェがな、ワンちゃんOKで、隣のワンコがE子さんの足にじゃれてさ。

ほうほう

R先輩:すぐ飼い主さんが「すみません〜」ってワンコを連れて行ったんだけど、E子さんのストッキングが伝線しちゃってさ…。

うんうん

R先輩:「いやだ〜」って、恥ずかしそうにしててさ。俺その姿を見てたらまた、キュンとしちゃって…。

ときめきポイント…独特!

〉〉ネット婚活をはじめたR先輩の話㉕へ続きます↓




ブログ・ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです!


コメント